« 運動後の食事 | トップページ | ●●人間 »

2006/09/04

支援が必要?

ニートについてこんな記事が・・・・・

厚生労働省は進学も就職もしない若年無業者「ニート」の就労支援を重点強化する。各地に設置しているニート向けの相談施設を2007年度に50拠点へと倍増するほか、合宿形式の支援施設も現在の25から40カ所に増やす。

との事であるが、果たしてこんな支援が必要なのだろうか?

私は必要と思っていない。こんなところにお金を使うのであれば、就労意欲がある若者や失業した中年のため、もしくは子供が生みやすい環境(出産育児補償制度の確立、出産費用の減額、公立幼稚園・保育施設などの拡充)を整えるために税金を使ってもらいたい。

この支援の目的は

基本的な能力(人間力)等の養成だけに留まらず、職業意識の啓発や社会適応支援を含む包括的な支援が必要であり、こうした支援は各人の置かれた状況に応じて個別的に行う事や、一度限りの支援に留まらず継続的に行うことが必要となっている。

との事らしいが、就業意欲の啓発なんていうが、そんなことは小学校の授業で

『人間は何で働くのか?』

というのをきちんと教えていれば済むことである。Dukeが小学校の頃は、道徳の時間でそんな話をTV番組で見たり、先生から話を聞いたものであるが・・・・・・

今は教えられる先生もいないのであろうか?

自称ニートという彼らは自分から就業を放棄しているのだから、ほっとけばいいのである。そのかわりその人達は、税金も納めずプラプラしているのだから、国民としての権利も与えない。当然である!!医療費も全額10割負担にすればよい!!

しかし、自らが就業意識が出てきたら、それに対してはどこかのひとつの島に『就業研修施設』をつくり、そこで共同生活を送ることにより世の中に送り出せばよいのだ。

全国各地に施設を作って・・・・・なんて、まるでこのニートを隠れ蓑にした『新しい雇用や、地方自治体の天下り先』を作っているようにしか思えない。

正直に働いている人達がバカを見ない税金の使い方を考えてもらいたいけど、今の世の中では無理かなぁ~

お金燃やした!!と大嘘ついて裏金を役所全体で生み出すような世の中だからねぇ~

それで消費税上げられるんじゃ、腹立たしいなぁ~!!

|

« 運動後の食事 | トップページ | ●●人間 »

コメント

殿下
 その通りと拝察いたしまする。
きゃつらは自分達の利益の為なら、お金も国も燃やしかねない魑魅魍魎ですから。

投稿: 快調@TSC | 2006/09/05 12:30

ニート自体、勝手に定義してるだけですからねー
当の本人達がどう思ってるかはわからない?・・・
安易に違法犯罪行為に手を染めない彼らには
一定の評価をしても良いかなぁー
権利剥奪まではやりすぎかと(笑

余計なことはせず、違法労働雇用の
罰則強化すればよいだけですよ。
誰だって同じことして賃金半分じゃ
意欲もわかんでしょう。

投稿: seen | 2006/09/05 13:14

岐阜県に6年ほど住んでいた身としては、なんかねぇ、、、払った税金の中から還してもらえないかな、と(笑
あと、ニートな人たちはそれぞれに色々事情があるのかもしれませんが、確かに、それでも食べていかれる、ってのは背景にあるかもしれませんね。

投稿: つげ | 2006/09/05 22:35

快調さま
岐阜の・・・・お金返すと言ってますが、買えだけではねぇ~
しかるべき処置をとって欲しいですよね。
他県もやっているんでしょうが・・・・きっと
『岐阜は運がわるかったなぁ~』なんて言っているんでは?


seenさん
ちょっと書きすぎましたか・笑
雇用のことについてですが、派遣会社のあり方が一番問題のような気がします。
手軽に登録・お仕事&高収入などと言ったふれこみで、いざ就業してみると、話が違う・・・・そんなところが問題の発端では?雇用企業側としては、今度来た人・家族持ちの人だけど、こんな給与だけどいいの?と言った感じなのでは?若くて、短期バイトのような人がくるのを望んでいるような気がしますが??


つげさん
県より還付を受けていただきたいです。
とりあえず、職員を2割くらい(適当に言ってます)削減して欲しいですなぁ~
裏金をつくる時間がある人と使う時間のある人がいるんですから、それくらい当たり前ですよねぇ~

働かなくても食べていける・・・・・
困らない・・・・生きて行ける・・・・
という状況がつくりあげているのかもしれませんね。

家庭環境も大きく影響しているのかと?
小学生くらいまでの時期の生活観で、ニートの有無が決まっているような気がします。
今の日本人が忘れている、日本人としての心?(うまく表現ができません)の教育というものが必要な気がします。

目上の方を敬う、礼儀などなど・・・・


つげさん

投稿: Duke | 2006/09/06 00:41

ご主張ごもっともであります。
日本国憲法第三十条【納税の義務】を果たさない者のために【納税の義務】を果たす国民によって納税された血税を投入する?

ニートを生み出す問題の背景の一つには働かずとも生きていける状況を許している親の存在があるかと。
ならば就労支援は国の仕事ではなく親の責任で支援させるべきでは?
就労支援費用はその親が負担すべき。

国が取り組むべきは将来納税者となるべき世代からニートを生み出さない政策かと思いますが。

投稿: がま | 2006/09/07 23:43

そうなんですよねぇ~
親と一緒に住んでいると、そういう意味での弊害もあるんですよね。

現在の若者(ニート)に対する施策→応急処置
将来の納税者へのアプローチ→根本対策

ですが、後者は何をやっているのか?ですよね。

投稿: Duke | 2006/09/09 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動後の食事 | トップページ | ●●人間 »