« まぐろ | トップページ | 予想してみるが・・・・・ »

2007/05/28

何を守るのか?

ブログネタにしている人も多いと思うが、あえて書いてみる。

現職大臣が自殺(らしい)したようだ。

遺書もあったようだが、封書に入っているものと、入っていないものがあったらしい。この違いはなんなんだろうか?

このお亡くなりになった方は、議員官舎光熱費問題や、談合疑惑などの渦中の人であったが、死を選んだ(至った)真意はこの先もわからないであろうが・・・・

国会の答弁でも無機質な、余計な事は発言せず、終始決まりきった答弁。これは自分自身を守るためのものか、それとも・・・・・・・それに加えて談合の件が・・・・・・・談合の裏には誰がいるのか?亡くなった本人は裏にいる人達を守るために?本当はご自身の大切な家族などを守るためなのでは?と勝手に思ってしまう。

ここ1~2ヶ月の中で見た映画に出口の無い海、硫黄島からの手紙がある。この2つに共通しているのは、死を覚悟しているが、それは日本に住んでいる家族を守るため、敗戦が見えていても、少しでも長く平和な暮らしができるために自らの命をかけてのものであり、そのために覚悟ができていたのである。

今回の渦中の人も、仮にも国政の中枢に携わった人。意味の無い死を安直に選ぶとは思えない。

なんのための死なのか?

何を守るためなのか?

光熱費、談合については、徹底的に真相を究明して欲しい。それが亡くなった方の供養にもなるような気がしてならないと私は勝手に思っている。

|

« まぐろ | トップページ | 予想してみるが・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まぐろ | トップページ | 予想してみるが・・・・・ »