« 屈辱! | トップページ | 崩壊への序曲 »

2008/08/18

プチ周遊

ふぇらぁ~りぃで、1泊2日の日程でプチ周遊してきました。

Map

札幌→千歳経由(高速)→夕張(高速)→清水→帯広(宿泊)→広尾→襟裳岬→浦河→苫小牧→札幌 のルールで走行距離660kmsでした。

初日の天気は晴れ。夕張までは高速道路を利用し、そこからは一般道へ。日勝峠を走っても気持ちよい。草津-志賀道路みたいな感じかも。峠を越えたところで、新得に寄り道をする。新得そばを食べるためだ。新得駅前にある『せきぐち』というお店に入って、大盛りざるを注文(850円・税別)

Ca330891   P1000130

P1000128

Ca330892

                                

                         

                         

その後帯広へ向かう。実はばんえい競馬を見に、帯広競馬場に行きました。14:00から始まるとの事だったので、13:30までには着くように向かいました。

で写真も撮りましたが、馬券も買ってみました。

P1000159 P1000161 P1000139 P1000162 P1000163 

P1000145

                                                       

                                                   

                                                              

普通の競馬の馬と違い、馬力のありそうなゴツイ馬でした。競馬場には子供からお年寄りまで幅広い年齢層のお客さんがきていました。

レースが始まると子供たちはコース脇まで行き

『がんばれぇ~、がんばれぇ~』

と声援を送っていました。ものすごく温かい感じでした。

が、スタンドでは大人たちが

『●●ふざけんじゃないぞぉぉ~』  ●●は騎手の名前

『●●またか!!コノヤローいい加減にしろ!!』

罵声が飛び交うのでした。このギャップがすごい!!

実はこの罵声はゴール前で馬が止まるとたくさん聞こえます。普通の競馬と違い、馬はソリのせいで走り続けることができずに、障害物手前や、疲れると止まるのです。ゴールも普通の競馬と違い、ソリがゴールラインを超えないといけません、。このソリが超える前に馬が止まってしまい、その間に抜かされてしまうことがあったのです。

そうとも知らない私はゴール付近のスタンドで観戦していたので、たくさんの罵声を聞くことができたのです。

で戦果はというと、1Rから6Rまで馬券を買って4回当たりました。新聞見てもぜんぜん判らないので、適当に数字を選んで買いました。4回のうち2回は投資金額を回収できない配当でしたが、5Rの4-5で15,000円をGETしたため、帯広での宿泊代分浮いて帰る事ができました。

ばんえい競馬はまた見に行ってみたいです。ゴール直前での攻防?(コース&スタンドの罵声)は見ごたえがあります・笑

で、宿泊は仕事でいつも利用していた十勝ガーデンホテルへ。帯広ではお祭をやっていたようで人が多かったです。夕食は屋台村で・・・・・と思っていたのですが、最終的には

”1人焼肉@平和園

で家族やグループでの客ばかりの中、1人で3,330円ほど食べました。

私が食事中に、隣の客(しきり有・男2人)が

『1人で焼肉って勇気いるよなぁ~。オレには出来ねぇ~よ』

という話が聞こえ、

”余計なお世話だ!!手前らのアニメオタクの話を男2人でヒソヒソはなしているよりかは男らしいぞ!!”

と思いつつ、肉の追加を頼んでいたのであった。

その後ホテルで温泉&TVで翌朝を迎える。

ホテルを7:50に出発し、旧JR広尾線(廃線)の愛国駅と幸福駅経由で襟裳岬に行きました。

P1000178 P1000180 P1000184 P1000187 P1000190

                

              

              

襟裳岬へ行くには、広尾経由で黄金道路と呼ばれる海沿いの道路を走るのですが、曇り空のため、黄金とは・・・・・という感じでした。

  P1000207

P1000203P1000205

P1000216 P1000222

              

             

                

襟裳岬に着いたのは、帯広を出発してから3時間30分ほど経過した11:30頃でした。観光客はあまりたくさんいませんでしたが、それがなんか寂しい感じでした。襟裳岬の歌詞が彫られている記念碑もありました。

P1000213_2 P1000219_2 P1000220_2

                                    

                              

森進一の襟裳岬を口ずさんでいる人が居ましたが、自分も真似をするとなんだな・・・と思い、写真だけにしました。その後、浦河、静内の海沿いの道を走って苫小牧経由で帰途につきました。

帰り道は、天気も回復し、海がキラキラ光ってキレイでした。

久しぶりのドライブはなかなか満足できたものでした。

|

« 屈辱! | トップページ | 崩壊への序曲 »

コメント

お久しぶりで、、やんす♪
うちのPさんも先週まで『グルメツアー』に
行っていたようです・・・
http://blog.livedoor.jp/jyajyaking/

投稿: ・・ヲ | 2008/08/19 13:13

ごぶさたしております。
Pさんのブログが実はROMしております。
周遊コース、今度参考にして私も”ふぇらぁ~りぃ”で行ってみようかなぁ~などと思っております。

投稿: Duke | 2008/08/22 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屈辱! | トップページ | 崩壊への序曲 »