« ここ数日の出来事 | トップページ | 安い!? »

2011/02/01

正直者が馬鹿を見るPART2

国会で年金の財源問題でもめているようだが、いい加減にしろとつくづく思っているが、年金月額7万円という金額に?と思うのである。最低の生活をするための生活保護費約13万円(大阪で)という金額なのである。コツコツ働いての7万円(基礎部分)と働くことを放棄したとしか思えない、税金や年金未納期間が長い人に13万円が・・・生活保護の支給基準を見直し、現支給者への支給そのものを見直すべきではないか?このままではあまりにも理不尽であろう。生活保護費が闇馬券やパチンコに消えていく、貧困ビジネスに消えていく・・・これって本当に正直者は馬鹿を見るであろう。働く気がない受給者に真面目な年金受給者より手厚い生活保護って何なんだろう・・・支給停止を切に願う。見直しなどで支給停止したら新たな財源が生まれたりして?

|

« ここ数日の出来事 | トップページ | 安い!? »

コメント

特にその大阪は支給基準がいい加減らしいです(−_−#)

投稿: はかせ | 2011/02/05 23:30

バックしてもらってるんじゃないか?と思えるくらいいい加減みたいです。これぞ、税金の無駄遣いですよね?

投稿: D | 2011/02/06 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここ数日の出来事 | トップページ | 安い!? »