« トランスフォーム? | トップページ | 水いらず »

2012/01/21

誰に対しての?

消費税増税のお願いのための全国行脚が始まったそうだ。                        

 

今回の参加者は、財務省が声掛けした地場の経済団体関係者へのもので、しかも1時間で、説明に終始したようだ。

が、誰に対しての説明が必要なのか?

消費税増税で、一番説明しないといけないのは                                    

”国民に対して”ではないのか?                                     

例えば

首相声明として、TV放送にて”消費税増税のお願い”というカタチで国民に説明をし、その後地方行脚すべきであろう。                                

さらに、国民への説明で重要なことは                                      

 

 

●なぜ増税が必要なのか?

→現状は、社会保障費の増大が要因と言っているが、なんで増大しているのか? 社会保障費は適切な支出のもとに行われているのか?の検証がされているのか?

ここまでやりましたので、ご協力お願いしますという前提の話。

 

●歳出削減の内容

→国会議員定数の削減の確約及びその他削減方針。(不要な団体への補助金はもちろん、政党助成金、議員歳費削減検討など)                            

を明確ににした上でのお願いにしないと国民は到底納得できないであろう。この説明がなければ、ある程度の期間が過ぎると                            

 

”まだ足らないので、再増税をお願いします”                             

 

という事の繰り返しになるであろう。

残念ながら、そうなってしまいそうではあるが・・・・・・・・                     

 

政治家に対して信頼感が無い現状なのだから、クドイくらいにわかりやすく説明をしない限りは受け入れがたいと思うのは私だけ?                        

 

 

 

|

« トランスフォーム? | トップページ | 水いらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランスフォーム? | トップページ | 水いらず »