« 言えない・・・・・ | トップページ | リベンジ!? »

2012/04/18

聞きたい情報とは?

先日、北朝鮮のミサイルが発射された。
発射したという事に関して、その事実が発表されたのは、韓国のTVが報道した内容が、日本の民放局で報道されたのちであった。

このことについて、思うのだが


”当初は、どういう内容の発表をしようと思ったのか?”


という事が気になる。
例えば

『ミサイルが発射されましたが、すでに迎撃しました』

とか

『ミサイルが発射されたので、屋内に退避してください』

などであろうが、私であれば、まず知りたいのは

”発射されたかどうか?”

そして

”飛んできそうかどうか?”

さらに

”どうしたらよいのか?”

という事であろう。
情報の確認ということで時間がかかったということらしいが、未確認であっても


”発射された可能性が高いです。念のために屋内に退避してください。情報が確認されしだい、追加で発表します”


のようなものが、米国や国内電波基地で確認された時点で”第一報”というカタチで発表すべきでは?と思うのである。

これが、ミサイルが飛んでくるのに1時間~2時間かかるならまだしも、10分程度の時間しかないものなので、情報の小出しでもよいと思うのである。
むしろ小出しでも発表すれば、国民も心構えなどもできるし、国防というものに対する信頼も得られたかと思う。

今までの様々な対応の遅さを、今回うまく対応することで、失われた国民の信頼を回復するチャンスを逃したのは、政治家にとっても、国民にとっても非常に残念なことだ。

発表プロセスの見直しが必要ということのようなので、見直し後のプロセスについて、おそくならないうちに説明をしていただきたいものである

|

« 言えない・・・・・ | トップページ | リベンジ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言えない・・・・・ | トップページ | リベンジ!? »