« ドラフト会議に思ふ | トップページ | ”ぽちっ”ではありませんが »

2012/10/26

オリンピックより国政?

都知事が辞職して、国政に再進出するとのこと。

某TV番組のゲストコメンテータは、この都知事の行動を


『中途半端に投げ出したとしか思えない』


と言っていてが、はたしてどうなのだろうか?
個人的には、間違いではないとは思うが、現在の都政と国政の状態を天秤にかけたところ、

国政の状態があまりにも酷くて、進展しないところに苛立ちを覚えたのが最大の理由だと思う。

80歳という年齢による体力的な問題も考えると、都知事自身も”東京にオリンピツクを誘致決定”して勇退。

というのを本音としては望んでいたのであろうが、

・尖閣、竹島の不法占拠・侵略問題
・原発問題
・消費増税問題
・TPP問題
・議員数是正問題
・地震復興問題

など、政府及び野党は再考する素振りはするが、真剣みが無く、スピード感にかける感じがする。
そんな状況に

”嫌気がさした”

という事が真実ではないか?
さらに都政は、猪瀬副知事に任せられる(猪瀬氏本人あどうかは?だが)と判断したからでは?と思う。


そして各種問題の根底には”政治機構自体の問題”これを変えない限りは、各種問題をテコ入れしても、もとに戻ってしまう。
例えば、復興予算でも被災地以外にもあてられている実情。

このような事が起こらないようにするための根本的な改革を行わなければいけないのに、民主党も結局できなかった・・・・・・

ということで、第三局の大連合まで提唱しているのであろう。

石原氏がどこまでメスを入れることができるかは不明であるが、現在の与党、自民党を中心とする野党よりも希望は持てる気がするが・・・・・・


次回の選挙では


・腐りきったメロン(自民党)
・腐ったバナナ(民主党)
・お布施のドリアン(公明党)


を選ぶのか?

・未知の果物(維新、みんな、石原新党)

を選ぶのか?

国民の選択が重要な選挙になると思う。

ただひとつ、

”国民の生活が・・・・・・・”

だけは、絶対に支持しない
石原新党も、この党とだけは連合をしてほしくない。
金と権力しか興味が無い、国民を見下した政治家が党首のこの党は、日本のためにも消えていただきたい。
ある意味、現在の政治機構の縮図と言っても過言では無いと思えるからだ。


あとは、この選挙がいつになるのか?が注目されるが・・・・・・年内は無理なのか・・・・・・・

早急に望まれるのだが・・・・・

|

« ドラフト会議に思ふ | トップページ | ”ぽちっ”ではありませんが »

コメント

同意です。

さらに最大の理由は「先がないから(年齢的に)」かと。
このタイミングでなければ、もう立候補できないでしょう。
普段の石原は年相応にヨボヨボだとか。

ただ、「違うところは勝ったあとに議論して詰めればいい」と
言っているので、第三極も烏合の衆に成り果てるのでは?

投稿: はかせ | 2012/10/27 17:06

石原さんは、

まずは政治機構を変えるには、結束が必要!!

と考えて、細かいことは・・・・
とのことだと思います。
烏合の衆という懸念は、100%は払拭できませんが、大筋の方向性は同じような気がしますので、大丈夫かな?と思っています。

なんとなくですが、途中で倒れるのを覚悟の上での決意のような気がします。

それくらい、今の政治状況(国政、中央集権主義)に嫌気がさしているのだと思います。

投稿: D | 2012/10/28 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラフト会議に思ふ | トップページ | ”ぽちっ”ではありませんが »