« リベンジ?という訳ではありませぬが・・・・ | トップページ | 数日 »

2013/01/11

クスリの売り方について

薬のネット販売が解禁されるようだ。
解禁と言うか、再販が正しいのかもしれない。

この解禁に対して、様々な意見がある。


『安全性について問題が・・・・・』

『外国はいいのに、日本はダメというのは変では・・・・・』


などなど賛否両論である。
また、薬の対面販売を強く推進する人たちもいたりして、今後も


”どう販売していくのか?”


を試行錯誤していくのが必要に思えた。

私の個人的意見だが


”解禁は、現在の世の中を考えれば当然の流れ”


と思う。
一番気を付けないといけないのは、


”何でもかんでもネットで購入することができてしまうのを防ぐ”

売っていいもの、売っていい人、買っていい人を明確にすること

ということであり、ネットで販売できる店舗を認可制にするのは勿論の事、一番大切なのは


”利用者の理解”

だと思う。
以前からいろいろな場所で言っていたが、

”人としての行動、マナーなどなどを幼少のころに学ぶこと”

が大切だと思う。
常識と言われるものが欠如していたり、世の中の仕組みがわからなかったり、人との接し方(すぐなぐったり、目上の人に敬意をはらわないなど)など社会と道徳が欠けているから問題がおきるのであると思う。(クスリ以外の問題も含めて)

今一度、学校にて低学年の頃から


”道徳・社会”の授業の確立


をするのが遠回りのようだが、結果がでるのでは?と思う。
講師を用意するのが大変だが、様々な分野の方々(医者、弁護士、一般の主婦、地方議員、中小会社経営者などなど)の協力を得て行うべきだと思う。

受験勉強・知識蓄積のための教育ではなく、


”人としていきるための教育”



を行う機会としてとらえたらどうだろう?と思った次第です。


えっ、飛躍しすぎ?
まぁ~、私見ですから。

|

« リベンジ?という訳ではありませぬが・・・・ | トップページ | 数日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジ?という訳ではありませぬが・・・・ | トップページ | 数日 »