2016/06/01

1日なので

映画に行きました。

6月1日

1st DAYという事で、1,000円で見れる日。

今日から公開の映画があって見てきました。

これ

Pa0_0055

DEADPOOL


という作品。


あらすじは・・・・・・


傭兵あがりの男と娼婦が出逢って、恋に落ちる。
が、男は末期がんになっていた。
そんなときに、ガンを治せるという話が・・・・・・
その話とは、実は・・・・・・・



この先いろいろありますが、この映画は単純に


映画は娯楽だ!!


コメディ要素がたくさん



という作品です。


が、ちょっと視点を変えると


差別に対する(この映画では見た目)こと

純愛ラブ・ストーリー(映画中でも言っているが)



の側面もあると、私は感じました。


正直、日本でヒットするかというと・・・・・・


X-MENシリーズが好きな人には受け入れられるかも知れません。


が、興味ない人にはどうでしょうか?


私は嫌いじゃないです。


映画中で他映画をぱろったようなセリフや映像があります。

オリジナルを知らないと、つまらなく感じるかも?


例えば


●アベンジャーズで出てくる”SHIELD(国際平和維持組織/シールド)”の巨大空中母艦みたいなもの?(単なる空母?)建造現場での格闘シーンがあったり


●サミュエル・L・ジャクソンが眼帯つけて出てこないぞ・・・・・
Sm
*アベンジャーズ予告編より


とか


●X-MENの学校(広い屋敷)が出てくるが、X-MENは2人しか居ない
 
  作品の予算が少ないから2人しか出てないと映画中で言っていたが・・・・・


●高い場所からジャンプして着地する”スーパーヒーロー着地”
Hiro

*DEADPOOL予告編より


これ脚が痛いとか・・・・・

●X-MENのプロフェッサーのことを、『宗教的なハゲのやつ』とか
Pf

などなど


まぁ・・・・X-MENの完結映画が、まもなく公開というのもあるのでしょうが・・・・・


で、この映画の入場時に、こんなものを貰いました。

Pa0_0053

中身は

Pa0_0051
Pa0_0052

ミニ・フィギュアです。


とりとめのない文章になりましたが、最後に


エンドロールが終わっても席を立たないでくださいね。

| | コメント (0)

2016/05/29

3000km

ちょい前に録画していた番組を見た。

好きな番組のひとつである


鉄道・絶景の旅

スペシャル版

内容は、北海道稚内から九州鹿児島枕崎まで3000kmを旅する内容だ。
途中で、駅弁紹介もある企画だ。

稚内から、スーパー宗谷で旭川
旭川から スーパーカムイで札幌
札幌から  スーパー北斗で函館へ(大沼公園で降りたけど)

ここまで、とても懐かしかったです。

それ以降も、青函トンネルを通過し、日本海沿いを・・・・

いつかこんな旅をしてみたいと思った次第です。

でもこの番組と同じ電車には、もう乗れません。


北海道新幹線が出来ちゃったから


全く興味なし!!函館駅にいくわけでなし、料金も高いし、飛行機のほうがいい。
札幌までいくみたいだけど、駅の設置個所で揉めてるようだし・・・・・誰のための新幹線だ?と言いたくなる。


番組では、青函トンネルはスーパー白鳥だったんですが、今はもう、つまらん新幹線になってしまったので・・・・函館にも行かないしね。

電車の旅って、急ぎすぎるとつまらないんですよね。
単なる移動手段と捉えれば、新幹線は便利なのかも知れないけど、

早いスピードで移動すると、人間って

疲れが多くなるような気がする

遅い電車で時間がかかりすぎても疲れるけど・・・・

このあたりが、車の運転と似ている気がします。

電車、汽車にのって、ふらぁ~っと 行きたいなぁ~

と思う、今日このごろです。














| | コメント (4)

2016/05/25

深い話?

きのう、映画を見ました。

久々の邦画です。

見たのはこれ

Pa0_0048

海よりもまだ深く

という映画です。

こんな配役
Mov

*海よりもまだ深く 公式HPより


簡単に物語を


離婚した夫婦。子供が1人。離婚後も月に1回子供と会う事と養育費月学5万円を支払うための関係。
夫(阿部)は小説家であるが、一度賞を受賞したが、今は書けずに雇われ探偵業で生活は苦しい。妻(真木)は子供と暮らして、仕事も初めて新しい出会いも出来た。だが、夫は別れた妻と子供のことが頭から離れない・・・・・
そんな別れた夫婦が、台風の影響もあり、夫の実家で久々に1晩を一緒に過ごすことになった。
その時にお互いが思った事は・・・・・・・



という映画。

私がこの映画を見ようと思ったのは


真木ようこが、どんな演技をしているのか見たかったから


である。

今まで私が思っていた雰囲気とかなり違いました。


見た目も、もっと細いイメージがあったんですが・・・・・・


映画館では、40数名客が居ましたが、私が一番若かったのでは?という雰囲気。共感されていた方も多くいらしたようで、子供のいない私には、少しピンと来ない部分もありましたが、夫の


”いつまでも妻の事が忘れられない気持ち”



は、なんとなく理解できました。
頭では理解していても、気持ちを切り替えられないというところが。


また映画の中で過去の男に対しての気持ちについてこんなセリフが
(夫が、浮気調査中に助手の女性に話しかけて、その女性が言った言葉)


『油絵みたいなものなんです。データみたく消すんじゃなくて、上書きしていくんです。下には残っているんですよ』



男は上書きできないですもんね・・・・・多分・・・・・・


なんとなく納得


そういえば私、高校の美術(必修科目)で油絵を1年間やったんですが成績は





11段階評価ですが・・・・・・

0~10までね



はっきり言って


下手



私も上書き出来ない男なんでしょうか?


離婚していないので、わかりませんが・・・・・


学生時代までは、そんな事なかったと思うけど・・・・




現在、夫婦間でマンネリ感のある人、ちょっと距離がある人、離婚したい人など、見てみるといいのかも知れませんね。私は上記に該当しませんが・・・・

もう少し作品の感想を

あっ、阿部寛の夫も個人的には好きですが、樹木希林の母役とのやりとりが、とても面白かったです。
現在の中高年の離職問題。それに高齢者の独り暮らしの問題も、少しだけ盛り込んで、コミカルに描いている部分は面白かったです。


ひょっとすると、来年の今頃、フジテレビで放映しそうな気がします。
フジテレビ協賛作品なので。

| | コメント (0)

2016/05/02

弊害

映画好きな私。

ここ1年ちょい体調が悪かったときにも何作か見ました。

そんな中見た映画でも、DVDが発売になると欲しくあるものもあります。

そんな中の一つ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

5月4日発売なのですが・・・・・・・

MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]




こんな文字が


MovieNEXワールド?




これって



ディズニー映画の弊害でしょ?


DVD+Bule rayだけでなく、余計なものをさらにつける。

スマホやタブレットで出先で見ないよ!!

スマホ持ってないけど・・・・


そして


単価を釣り上げる

映画のパンフを見ても、1000円とパンフとしては高額。
パンフの後ろの方は、

全てグッズ販売ページ



正直


ディズニーに販売商法にウンザリ




DVDかBule rayのどちらかがあればいい。



で結局



買わないことにしました


単体で発売まで待つ事にします。


これ以上、ディズニーに買収される映画作品が出ない事を望みます。

| | コメント (0)

2016/03/18

何がなんでも

見たい。

見たい映画があります。

これ

Takeshi1

変身!!

Takeshi2    

そう、

あれです。

45周年

Takeshi3

本郷 猛(藤岡弘)が出てきます。

一文字隼人は出て来ませんが・・・・・・


出来れば前売り券を買って見たいのです。
これが欲しいので

Takeshi4a
これこれ
のび~る らしいのです。

もちろんこっちね
Takeshi4    

1号の方

あとは・・・・・


いかに妻にばれない様に見に行くか・・・・・・・

パンフレットも買いたいしなぁ~



| | コメント (0)

2016/03/16

いろはに

テレ玉

というテレビ局がある。
地上デジ3ch。

昔CMで


『うまい、うますぎる 十万石饅頭』

という静止画CMで印象深かったTV局だ。
(このCMを見たうん十年前当時は、まだ東京都民だった)

この局で注目すべき番組



いろはに千鳥

なのだ

埼玉県内のお店をまわり、金がないからと店にたかったり、

番組に寄せられたファンの手紙に


『長いっ!!』

などと文句を言ったり、して街をぶらぶら歩く最近多いパターンだが・・・・・

いろはカルタをつくるのが違うところか?

番組では、千鳥の面白さが出ている関東初の冠番組

そんな番組が



3月で終了?

という雰囲気が、昨晩の放送で出ており少し心配になり、ブログに記したのである。


現在シーズン4なのですが、ぜひシーズン5を見たいのです。

面白いと思うんだけどなぁ~

低予算のために4本どりは当たり前らしく大変らしいけど・・・・・

見た事が無い人は、一度見てみることをお勧めします。


毎週火曜日23:00~23:30放送中。

DVDも発売中!!(テレ玉家にて)


でも別番組で・・・・・


『今回のロケは8本撮りだった。4月放送分まで雪が残っているかも?』


とか聞いた記憶が・笑

| | コメント (0)

2016/03/01

アカデミー賞

アカデミー賞には興味を示さない私だが、今回はちと違う。

それは・・・・・

”マッドマックス 怒りのデス・ロード”

Pa0_0029

が、10部門でノミネートされていたから。(原題:MAD MAX FURY ROAD)

私の認識だと


この手の映画は、アカデミー賞では選ばれない(受けない)映画

という観念があるから。  


私は映画館で見たのだが、2D上映。すなわち


”字幕上映”


3D上映も吹替えで上映していたのだが




”吹替え評判が良くない”



という話を聞いた。
ネットで評判(ア○○ンなど)を見ると、


酷評


である。


芸能人の吹替え素人を使うな!!あまりにも酷すぎるなど・・・・



で、このDVDを購入しようか悩んでいます。


どれくらい吹替えが酷いのか?を確認するためにも・笑


映画の内容的には、完全なアクション映画で、私が良く表現する


”映画は娯楽だ”



の要素が強い映画です。


何故、火を噴くギターを弾きながら、音楽ガンガンで爆走するのか?

悪玉の親分は、なぜ顔をマスクで隠すのか?



などという事は疑問に思ってはいけないレベルのものなのである。
見て楽しめば良いというもの。


正直


MAD MAX2と似てるな!!


と見た時は思った。

が、悪役の質が違う気がした。

MAD MAX2の方が、全体的に凄味があった気がする。

なんせ


撮影で、本物の暴走族を出演させていたから

そして

CGじゃないから



私はMAD MAX2の方が好き。


上記理由と、メルギブソンが格好良いから・笑

その後、出演映画の系統が宗教色が強く出たりいろいろあったけど・・・・・



話をアカデミー賞に戻すが、日本の吹替えなどは、選考には全く関係ない。

で結局、6部門受賞したが


作品賞、監督賞は受賞できなかった。


ここに


この手の映画はあまり認めないのよ


というアカデミー賞の見えない空気を感じた。


続編が作られるかどうかは知らないが、ここまで来たら、


MAD MAX5 天国への道(仮)



みたいな感じで見てみたいものだ。

トコトンやって欲しい。


アベンジャーシリーズに対抗する意味でも・・・・・



しかし今回のMAXは、主役という感じがしなかったなぁ・・・・・・

| | コメント (0)

2016/02/27

君だけの

毎週見る番組があります。

BS朝日で木曜日21:00から放送中の

鉄道・絶景の旅

という名前通りの”鉄道と旅”の番組

この番組の

オープニング・エンディング・挿入歌が良いのです。

0000085460200

峠 恵子さんという方が歌われています。


”主人公” @オープニング
”君だけの指定席” @挿入歌
”旅物語” @ エンディング


の3曲が良いのです。
特に好きなのが挿入歌の


”君だけの指定席”



という歌です。
他の2曲も良いのですが、なんか心に響きます。
鉄道映像と景色に峠さんの歌声が心地よいというか、セツナイというか、引き込まれます。

毎週木曜日の楽しみのひとつになりました。


電車の旅に出たくなりました。

| | コメント (0)

2016/02/19

Elser

実家に居たのと、体調が少々・・・・という事もあり、更新が滞りました。

今日、映画を見てきましたので、その感想などを少々。

Elser(エルザー)という映画(原題)

Ca331759_2

映画館では
”ヒトラー暗殺、13分の誤算”
という邦題で上映されています。


1939年11月8日 ドイツミュンヘンのビアホールでナチス党のヒトラー暗殺事件を起こした”ゲオルク・エルザー”(1903~1945)という人物を題材にした映画。


簡単に物語を


エルザーは、スイス国境近くの出身で、家具・時計職人として働いていた。音楽や女性が好きなようであった。やがてエルガーは人妻との恋に堕ちるが・・・・

今はやりのゲスか!?という突っ込みは無しで・・・・・


民衆の生活向上を訴え、支持を掴んだナチス党が躍進し、ファシズムに傾倒していった時代のドイツ。
ナチスが第一党になり実権を握ると、ナチスに批判的な政党の人間などは、強制労働をさせるようになり、ユダヤ虐待、弱者排斥も行うようになった。
自由が無くなっていくと感じたエルザー。特に支持政党などは無いが、ナチスが支配するドイツに危機感を感じていた。
そんな想いに反して。ナチスは武力拡充し国外へ勢力を拡大していく。
その様子を見ているエルザーは


”戦争が起きて、英仏などと戦えば、多くの戦死者も、そしてドイツ自体も・・・・”


という信念のもとに、毎年演説を行っているビアホールに爆弾をしかけ、ヒトラー暗殺を試みるが、予定より13分演説を早く切り上げたヒトラーは無事で、未遂に終わる。犠牲になったのは8人の市民であった。

爆弾をしかけたエルザーは、スイスへ逃亡しようとしたが、国境付近でナチスにつかまり、やがて爆弾犯人と判明してしまう。
ゲシュタポは、エルザーの背後に暗躍する組織をいぶりだそうと、拷問や自白剤を用いて尋問するが・・・・・・


というもの。
エルザーの描き方は、賞賛する訳でもなく、否定する訳でもなく、淡々と描かれている。
ナチスが台頭してきた時代に、権力の一極集中、ヒトラーの発言・行動を危険と感じ、爆弾テロという行為で止めようとしたエルザー。
ある意味、先見の目?があったのかも知れないけど・・・・

見ていて共感は出来ないが、”自由”というものがいかに大切なのか?
また、政治に無関心・無知であることがどれだけ危険なのか?という事を感じた。無知ということは、マスコミなどにより民意を誘導することもできるのであろう。

日本でも、第二次世界大戦直前の三国同盟を支持した帝国陸軍。それを賛美した毎日新聞、朝日新聞。帝国海軍は反対し続けていたが、新聞社の世論操作?(三国同盟ありき)により開戦へとつながってしまった過去。

最近ではアラブの春というもの。
情報社会を利用して民衆を扇動。独裁政治打倒・生活苦打破というものをアピールした政党が各国で躍進し、政権交代やクーデタまがいのものまで起こった。
が、結果はというと、生活苦は変わらず、政治を支配した者がかわっただけ。経済は困窮し、良い事は何もない。
しかし、そのアラブの春を支持したのは各国の民衆。日頃から政治に関心を持ち、少しでも知識があれば、結果は変わっていたかも知れない。
こんな事を書くと、

”日本でも今、自民党が・・・・・”

とか言い出すコラムニストや、政治的活動者(エセも含む)がゴロゴロ居る。
そんな発言に賛同する人もいるが、冷静な目で見れる人も居るのも事実。


20年後の日本はどうなってるんだろうなぁ・・・・


と、映画を見て思ってしまいました。


ヒトラー題材の映画

”ヒトラー最後の12日間”

という作品と同じ監督作品です。

Ca331758

最後の~ は、DVD鑑賞ですが。

いずれも


映画は娯楽だ!!という作品ではない


が、一度見ていただければ・・・・と勝手に思っています。

| | コメント (0)

2016/01/19

13

この1年間に映画館で何本見たかな?
と思ってパンフレットをゴソゴソ・・・・

Ca331750

13冊ありました。
もっと見てるかと思ったのですが・・・・・・
そう思うのは、DVDで見ているせいかも知れません。

このパンフレットというもの、映画によって価格がかなり違います。

安いものは600円くらいから1000円くらいまで。
洋画と邦画でも、邦画の方が高い感じ。
洋画でも、STAR WARSみたく1,000円のもあった。
これはディズニー作品になったからで、商売優先的な感じからだろうけど・・・・・

この13本の中で、気に入るとDVD買っちゃうんですよね。
で繰り返してみてしまう。
そうでないものは、頭の片隅に・・・・・・という具合。

で、この13本の中で一番印象に残った作品が・・・・
Ca331751
コードネーム U.N.C.L.E
という映画。

映画は娯楽だ!!


という作品ですが、理屈抜きで面白かったです。
東西冷戦時代という設定のスパイ映画です。
簡単にストーリーを

1960年代、アメリカとロシアが覇権争いをしている中、戦争ではなくスパイ活動が盛んになった。
ところが、この2国ではなく世界破滅?を狙う組織の存在が・・・・・
この組織の野望を防ぐために、アメリカとロシアがお互いの精鋭のスパイを送り込み、手を組んで活動を・・・・・


という具合のもの。

突っ込み具合はいろいろある。

1.1960年代って、ソビエトでしょ?
2.2国以外の組織って・・・・・007のスペクターみたいなもの?
3.1960年代の象徴? Vespaが出てきます。

実はこの映画は、元作品があって

”0011ナポレオン・ソロ”

というTVシリーズのリメイク映画版?
なのである。
私はこのTVシリーズ(1964年~1968年)を見たことが無い。
この映画を見て、TVシリーズを見てみたいと思いました。

このパターンって、ミッションインポッシブルも同じ。
スパイ大作戦の続編的な映画で、トムクルーズが版権を買って映画化し、自身が主演のもので同じパターン。
このUNCLEは、当初はトムクルーズが出演予定だったらしい。

個人的には、トムクルーズが出演しなかったことが、この映画を面白く見れた要因のひとつかも知れないと思う。
似たような設定の映画で、TVシリーズが元で、しかも主演が同じ役者?では、お互いの作品にあまり良くない感じが出るのでは?
スパイ映画といえば、007シリーズや、ミッション・インポッシブルなどありますが、ちと古臭い感じも漂う?UNCLEが好きかも知れない。
007シリーズの初期作品(ボンドがションーン・コネリー)が好きな人は気に入るかも?

日本ではあまり人気が出なかったようですが、DVDレンタルが出たらぜひ見てみてください。
きっと同じように

シリーズ化すると思いますので



| | コメント (0)

より以前の記事一覧